おすすめの美白化粧品は有効成分をちゃんと配合したスキンケア

おすすめの美白化粧品は有効成分をちゃんと配合したスキンケア

透明感のあるモテ肌。
年齢を重ねても、その透明感をもっていれば、若々しさや瑞々しさをを感じさせるだけでなく、かわいい女性みえる!
透明感のある肌は、モテ肌と言いたいくらい、自分への自信も持て、幸せオーラが満ち溢れ、自然と人が寄ってくる、それくらい魅力的なものだと思っています。

 

透明感のあるモテ肌を手に入れるためには、ぜひ美白化粧品を使ってのスキンケアをおすすめします。
その中でも、美白における『有効成分』を配合された美白化粧品を選ぶことを忘れないようにしましょうね!

 

 

化粧品には、法律によって、大きく「化粧品」と「薬用化粧品」とに分けられます。
パッケージに「薬用化粧品」とか「医薬部外品」とかかれたものがありますよね。
これらの記載があると、なんだか、効果が高そうな感じがします。
その通りなんです。

 

「薬用化粧品」「医薬部外品」と「化粧品」との一番の違いは、厚生労働省が認定した「有効成分」が「規定量」配合されているかどうか。
だから、悩みに特化した有効成分が配合されている「薬用化粧品」「医薬部外品」を選ぶことが、化粧品を選ぶポイントになります。

 

美白化粧品に関しても同じ。
美白対策への有効成分が配合された美白化粧品を選ぶことがポイントです。
研究開発によって美白に関しても多くの有効成分があり、それらは美白へのアプローチする働きに少しずつ違いがあります。

 

美白有効成分を知っておくこと、ちゃんと美白に特化した美白化粧品を選ぶことができますよ。

 

美白とは、シミのもとになるメラニンの産生を抑えて、シミやそばかすを防ぐことを指します。
美白有効成分とは、メラニンの産生を抑えて、シミやそばかすを防ぐ効果があるという表示を厚生労働省から許可された成分のことになります。

 

この厚生労働省からの有効成分の許可は、取得するために、研究や臨床試験を重ね、承認までに10年近くかかるのだそう!
これほどの歳月をかけ、研究や安全性試験を行われての成分のため、信頼性は高いと考えられます。

 

 

美白有効成分配合の美白化粧品を透明感のあるモテ肌に近づく心強いサポーターにしましょう!

透明感のある肌の、天敵となるのがシミ・そばかす、、、
美白における有効成分は、シミのもととなるメラニンの産生を抑えて、シミやそばかすを防ぐ効果が確認されたものです。
その中でも、働きかけるポイントは、有効成分によって異なります。

 

シミができる過程は・・・
お肌が紫外線を受ける
→→ 「メラニンを作れ!」シミのもとになるメラニンの生成指令が出る
→→ メラノサイト(基底層にあるメラニンを作る細胞)の中で酵素チロシナーゼが活性化
→→ 酵素チロシナーゼが、チロシン(アミノ酸)の酸化を進ませメラニンを生成
→→ メラニンが肌表面へ移動
→→ アカとなってはがれ落ちず、蓄積してシミとなる

 

 

それぞれの過程にアプローチする有効成分は・・・

①「メラニンを作れ!」シミのもとになるメラニンの生成指令をストップ
→メラノサイト(基底層にあるメラニンを作る細胞)が働かない
→メラニンを作らない
→シミができない

 

②メラノサイト(基底層にあるメラニンを作る細胞)の中にある酵素チロシナーゼの働きを抑制
→メラノサイトの働きを抑える
→メラニンができない
→シミができない

③酵素チロシナーゼの成熟阻害・酵素チロシナーゼを分解
→メラノサイトの働きを抑える
→シミができない

アプローチする有効成分は・・・
★マグノリグナン

 

④メラニンの還元
→メラニンが肌表面に移動しない
→シミにならない

アプローチする有効成分は・・・

 

⑤メラニンの排出促進
→アカとなってはがれ落ちる
→シミにならない

アプローチする有効成分は・・・
★エナジーシグナルAMP

 

 

その他の美白対策に使用される主な化粧成分

その他にも、美白対策に使用される主な化粧成分はたくさんあります。
繰り返しになりますが、上記に記載した有効成分も再度載せますね。

自分が使っている化粧品、使ってみようと思っている化粧品にどのような成分が配合されているのか、見かけた成分はどんな働きをするものなのか、わかると納得して使用することができますよね。

 

●酵素チロシナーゼ活性阻害(メラニン生成抑制)
表示名(慣用句または別名)…起源
*アルブチン(αアルブチン、βアルブチン)…合成(植物)
ソウハクヒエキス…植物
シャクヤク根エキス…植物
カンゾウ根エキス…植物
*コウジ酸…微生物(麹菌)
*エラグ酸…植物(いちご)
4-n-ブチルレゾルシノール(ルシノール)…植物(もみの木)
*プラセンタエキス…動物(ブタ、馬、ヒトなど) *部外品はブタ由来
*5,5′-ジプロピル-ビフェニル-2,2′-ジオール(マグノリグナン)…植物
*4-メトキシサリチル酸カリウム塩(4MSK)…合成

 

●メラノサイトへの情報伝達物質(エンドセリン)作用抑制(メラニン生成指令を止める)
表示名(慣用句または別名)…起源
*カミツレエキス(カモミラET)…植物(カモミール)

 

●肌炎症時のメラニン色素生成誘導因子抑制
表示名(慣用句または別名)…起源
*トラネキサム酸(m-トラネキサム酸)…合成
*トラネキサム酸セチルHCL(TXC)…合成

 

●メラニン還元作用
表示名(慣用句または別名)…起源
*アスコルビン酸(ビタミンC)…植物、合成
ハイドロキノン…合成

 

●チロシナーゼ活性阻害・濃色メラニン還元・メラニン排出促進(ターンオーバー促進)
表示名(慣用句または別名)…起源
水溶性
*アスコルビン酸グルコシド(ビタミンC誘導体、AA-2G)…ビタミンC+糖
*リン酸アスコルビン酸Mg(ビタミンC誘導体、VC-PMG、APM)…ビタミンC+リン酸Mg
*アスコルビン酸Na(ビタミンC誘導体、VC-PNA、APS)…ビタミンC+リン酸Na
*アスコルビルエチル(ビタミンC誘導体、3-0-エチルアスコルビン酸)…ビタミンC+エチル
*アスコルビン酸硫酸2Na(ビタミンC誘導体、VC-SS)…ビタミンC+硫酸2Na
グリセリルアスコルビン酸(ビタミンC誘導体、VC-2G)…ビタミンC+グリセリン

脂溶性
*テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(ビタミンC誘導体、VC-IP)…ビタミンC+イソパルミチン酸
*ジパルミチン酸アスコルビル(ビタミンC誘導体、ビタミンCパルミテート)…ビタミンC+パルミチン酸

脂溶性+水溶性
パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(ビタミンC誘導体、APPS)…リン酸型アスコルビル+パルミチン酸

 

●チロシナーゼ分解促進・メラニン排出
表示名(慣用句または別名)…起源
*リノール酸S(リノレックス)…植物(紅花油)

 

●メラニン排出作用(ターンオーバー促進)
表示名(慣用句または別名)…起源
*アデノシン1リン酸2ナトリウムOT(エナジーシグナルAMP)…酵母
チオクト酸(α-リポ酸)…合成
プルーン分解物(スモモ)…植物

 

 

その他の悩みに対しても対策用の成分をまとめました!(予定)
・肌荒れ防止など
・毛穴、ニキビ対策
・くすみ、クマ対策
・活性酸素対策
・しわ、たるみ対策

 

 

参照:日本化粧品成分表示名称辞典、日本化粧品検定2級・3級対策テキストコスメの教科書